--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/13 (Mon) ノスタルジック 東山植物園

 地元に帰っています。
地元のお友達からお誘い「植物園に行かない?最近レナードの朝を見てから行きたくって」と。

 私も最近、仲良しの80近くのジェントルマンと、東京夢の島熱帯植物園についてうっとり話していたところ。
一も二もなくオッケイしました。

 東山植物園は大好き。
いつも想像以上の規模に驚かされ、珍しい植物に本当に心躍るのです。

 子供ころから通っていて、それからも一人で来たり、妹と来たり、デートで来たり。
動物園や池のボート、古いノスタルジックな空気は、いろんな思い出を感傷とともに思い出させるのです。

 今日は大好きな地元のお友達と、新潟から来た養生園のお友達(京都で合流して、予定になかったのだけれどそのまま名古屋に遊びに来てくれたのです。)
 3人あった瞬間から意気投合。笑いまくって突っ込みまくって、大笑いしながらの一日でした。
 
 古い古い温室。
時々がたがたと大げさな音を響かせてファンが回ります。
むっとした熱気。
そして外とは別世界のワールド。まさにワールド。
     101212_1046~01


 ここの植物は本当に元気でした。


 いままで動物園と同じ理由で植物園というのもどうなのだろう…という気持ちがありました。
その植物にあわない土地で、人工的にその環境を作り出し、植物を飼いならしているみたいで…。

 でもこの熱帯植物館の植物からはそういう後ろめたさをまったく感じなかった。
みんなかわいがられて、愛されているのびのびとした印象を受けました。

     101212_1117~02


 珍しい熱帯の植物の形は本当に楽しい。

     101212_1101~02

     101212_1108~01

     101212_1110~01

     101212_1122~01



 水生植物の部屋。
ここに入って匂い?なのかな。ものすごく懐かしい何かの気配を感じました。
そしてプレートのタコノキというネームを見て納得。奄美諸島の植物を集めてあるようでした。
     101212_1128~01


 去年の冬を過ごした喜界島。
 ひとことでは言い表せないけれど、海と植物と、人間なんかよりも大きな大きな力を持ったそれらのそばでひっそりと暮らしていたような私たち、圧倒的な島。
 美しかったな。
 ああ、喜界島に行きたいな。水筒積んで自転車に乗って、海やジャングルや、湖やサトウキビ畑や、いろんなところをのんびりまわった日々が懐かしい。
 喜界島へはなかなか行けないけれど、せめてここに来よう。

 
 スカイタワーから見下ろした、ミニチュアの街。
     101212_1320~01
    
          

 もう一度、この街と向き合う時が来たのかな。そんなタイミングも感じています。





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<江国香織「東京タワー」 | TOP | 京都紀行>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おかえり 

養生園生活お疲れさま!そしておかえりなさい
髪ばっさり切っても魅力的なanneさんです
またゆっくり会いたいね

2010/12/14 23:22 | しば [ 編集 ]


ただいま 

 ありがとう!
ただいまって言うまもなく長野に戻ってしまいました。
今茅野にいます。
ちょっとまだ秘密のことがあって、ちょくちょく名古屋には足を運ぶことになりそう。
また遊ぼうね。そして茅野にもぜひ来てね。

2010/12/18 10:27 | アン ガーネット [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/96-34031f31

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。