--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/08 (Tue) 人に触れて、土に触れてさえいれば…

 母と娘、二人にアロマのトリートメントをしました。

終えた時、お母様のほうから「手を見せてください」と言われました。

恥ずかしながらも手を差し出すと、お母様は、その小さな手で大切なものに触れるようにそっと私の手を包んで、
「すごい手ですね、力強くて、手相の皺がすっと流れていて…。癒しの手ですね。」と言ってくださいました。

 そんなふうにされたのは初めてだったので、とっても驚きました。

 私も自分の大きな手を覗いてみると、「この手は人に何かを直接してあげることができるんだ」と、改めて思えました。

 アロマって素敵です。

 私に力はなくっとも、精油っていう植物の力が働いてくれるし、私の手が働いてくれる。

     2009_0614_222719-IMG_1142_convert_20100608235727.jpg


いっぱいいっぱいがんばって、悲鳴をあげてる誰かの体に、直接聞いてあげることができる。よしよしってしてあげられる
 言葉なんかよりずっと簡単で、単純なこと。


 トリートメントとこの出来事でとっても心は満たされたのだけれど、人の体の隅々まで聞いて感じて…っていうのはやっぱりエネルギーを出し切ります。

 気持ちとは裏腹にあ~くたびれたって、そんな言葉がこぼれてしまいます。

この後少し離れた畑まで行かなくてはならないのです。
着替えなくちゃだし、なんだかくたびれたし、あ~あなんて思ったのだけれど。仕事は仕事。
がんばって向かいます。

 畑では夏野菜用の畝をたてます。
女の子3人で黙々とくわで耕し草をとり…。もう汗がぴょんぴょん飛び散ります。

 気づくとさっきまでの体のしんどさを全然感じなくなっていました。
その変化にびっくり。

 やっぱり人間は、人に触れ合うことと土に触れ合うことの両方が必要なのかもしれないね。

帰りはご褒美のひつじ雲。
水がはられた田んぼに映ってとってもきれいでした。

     100607_1740~02



 

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<よもぎ染め | TOP | プンニャとパーパ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/9-55453075

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。