--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/06 (Sat) 念願の上田!

 上田に遊びに行ってきました。
上田には素敵なところがいっぱいあります。
大好き。
 びっくりすることに2年ぶり。

 行きたいところがいっぱいあって、もううれしくて。

 ランチはルヴァンでと決めていたのですが、張り切りすぎて10時前には上田の街についてしまいました。
どうしようか…。
 ということで、別所温泉の朝湯に行きます。

 こたつでテレビ見ながらぬくぬくしてる番頭のおじいちゃんが、ここだけが源泉かけ流しと何度も何度も言ってくれるのが可愛くて、この立ち寄り湯に決めました。
     101105_1027~02


 中に入っているおばあちゃんたちもみんなお肌がピカピカしてにこにこして、もちろんお湯はとっても気持ちよかった。

 その後、まだ時間があるので北向観音にお参りです。
     101105_1108~01


 ひなびた風情の温泉街から観音様へ続く小道はまるでつげ義春の世界。
北向観音からは上田の街と遠くの山が見渡せて、空も晴れてるし、清々しい!
     101105_1121~01


 そしていよいよ上田ルヴァンへ。
代々木公園駅近くのカフェで働いていた時、富ヶ谷のルヴァンも時々行ってましたが、私は断然上田店が好き。
蔵作りのそのお店は、暗いのにオレンジのランプがほの温かく、外の清々しい光が小さな窓からスーッと差し込み、古い土壁に飾られた様々が実にいい雰囲気を醸し出しているのです。
     101105_1452~01


 ルヴァンの甲田さんは、養生園でワークショップをしてくださったり、ご縁があるのでいろいろお話ししていただき、特別に二階の茶室にも入れていただけました。
 先日茶会で茶道の世界に感動したばかりなので、その小さな部屋の時間が止まったような気配に、さらに心うたれてしまいました。
 和の世界って、ものすごく洗練されてる。

 ランチの後は後は二階の座敷でちょっとしたスイーツをいただきました。
     101105_1353~01


 ルヴァンを出た後はこれまた上田に来たなら行かなくてはならない場所、茶房パニ。
山を不安になるくらいクネクネクネクネ登って行った先にあります。
 ついたころはちょうど日が沈むころ。
 お里の秋といった風情でとっても静かな時間を過ごしました。
     101105_1552~02
 

    101105_1601~01


 パニを出てからまた上田市街に戻って、今日の一番の目的、先日菅平で仲良くなったガラス作家の子の個展を見に行きました。

 GIRINOというお店で行われている「ten to sen 」というエキシビジョンです。
ten(というか球)の中は線で結ばれているようで、さらにそのtenたちも時に結ばれていて。
 きらりと光るその感じがとても幸せな印象を受ける作品でした。
     101105_1918~01


 他にも作品集を見せていただいたのだけれど、言葉があって、立体があって、それはただの立体だけじゃなく光を味方にとりこんで鉱石とも近くなっているようで。
 いろいろな感情や感動を形に変えているのだけれど、吹きガラスはなめらかで重く、でも潔さと清潔さがあって、ダークにならない。
 この素材を選んでいる彼女自身の根本がそうなのかな。
     101105_1916~01



 日常の中で何かを感じたあることを、立体を作る過程でクリアに表出していって、いい作品であればその何かは言葉よりも正確に他者に伝えることができて…。
 そして他者に伝えることで、その瞬間また新しい何かが生まれてそれがフィードバックされて。

 アートって本当にコミュニケーションなのだなと改めて思いました。
私はあの頃、「わかってほしい」という思いを抑えられずにいたからガラスを作っていたのだけれど、それでいて
やっぱり他者にうまく自分を表出することができなかったから、作品を作って発表するという行為自体が自己陶酔しているようで、気持ち悪くて、苦しくて続けられなくなってしまった。

 でも今、こうして逆の立場で誰かの作品や言葉を観ていると、「あ~そうか」と自然に受け取って、それに対して自分の中で何かが反応したり共感する感じがあり、それはむしろ楽しい感覚であって、あの頃感じていた申し訳なさなんて全く見当違いだったなあと思ったりするのです。

 やっぱりやっぱり、分かってもらうのって気持ちがいいし、誰かのことを分かるのも幸せな体験だし。

 膿みに膿みまくる前に、もっと自然に誰かに表現するべきなのだろうと思いました。

 型にはまらずいろいろなパターンでガラスを製作し、ギャラリーだけじゃなく音楽やアートや様々なイベントに気軽に出店している彼女。 
 
 楽しそうにガラス作りや仕事のことを話す彼女を観ていて、醍醐味をきちんと味わいながら仕事している人はとってもステキだなと、いい気分になりました。

 今日は一日本当に楽しかった。
出会った人たちがみんな気持ちのいい人たちだったし。
 一緒に行ったお友達とは、それこそず~っとしゃべっていて、何だか未来に向けてこんがらがった頭が少し整理されたみたいな気がする。
 ありがとう!

 お土産は私の大好きな上田名物(?)自慢焼き!
明日の朝みんな喜ぶなあ。
     101105_2220~01

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<秋の「ステキな朝食会」 | TOP | キトヒト茶会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/73-758296ca

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。