--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/16 (Sat) 実家の植物たち

 anneです。

突然ですが実家に泊まってます。
今日これから、「大阪棚田フェス」というのに行くのですが、穂高からだと結構遠いし、実家の近くを通って行くので、前泊して実家の車で行くことにしました。

二日前に突然決めたので、まったく思いがけず帰る感じになったのですが、春以来、久しぶりのおうち。
たった一泊でもとっても気持ちがくつろぎました。

朝。
うちの植物たちがどうなっているのか、みんなが朝日を浴びるところが見たくって、早起きしました。

うろこ雲の秋晴れ。

うちの植物たちは長い歴史の中で節操無く育っているのだけれど、もうとにかくのびのびしていて、気持ちのいい爽やかさにあふれているのです。

もうこれは、ここで暮らす母の愛情と、植物たちが安心して幸せに育っている証拠じゃないかと、植物に携わる者として、強く感じずにはいられません。

私がまだ高校生の頃、妹と二人で母の日にあげた鉢のバラ。
地植えしてくれたら信じられないくらい大きく育っていて、年中立派な花を咲かせています。
     101016_0819~01


秋の空にそよぐ面白い花。
     101016_0821~01     
5年ほど前に亡くなった大好きな叔母さんから、挿し木でいただいたロシアンセージのような、宿根サルビアのような…。道に覆いかぶさるほど元気です。これをみる度叔母のことを想います。
     
101016_0827~01

上京して、大学病院のモニターに囲まれた先端医療の現場で働いて、全くストレスでおかしくなりそうだった私に「ここを家だと思ってね」と、叔母はたびたびおうちにご招待してくれていました。
本気で主婦をされていた叔母の、美しいお庭やこだわりの器に盛られたお食事や気持ちのよい寝室や、その上品で優しくて力強い雰囲気に、本当に救われたし、どう生きていきたいのかということを真剣に考えていた日々の中でとても影響を受けた方です。
     101016_0828~01

おしろい花のようなかわいいくて赤いお花が、絡まりながらお空に伸びています。(しかし花の名前を知らないなあ。。。。)
     101016_0833~01


母のご出勤
     101016_0833~02

この窓辺のスペースが大好き
     101016_0843~01

庭から戻ってきたら、朝食が用意されていました。
     101016_0849~01

なんだか多肉植物って、絶対にこちらの手にはおえないような意志を持っていそう。小さいのにピリッとしてるっていくか…。
     101016_0856~01

お庭や鉢植えの魅力って、「手のひらで遊ぶ感じの(なんて言ったら植物が気を悪くするかしら)生き物とのかかわり方って」いうのかな、それが程良くて愛おしくて、常にいろんな事と対峙し続けなくちゃならない人間にとって、小さな何かを埋めてくれるのかもしれないね。
穂高の原生林はもうそれとは全然違って、こちらがチマチマと微調整してるのなんて全部持って行かれちゃって、すべて空っぽにして本当に力のあるものが新しく補充されるというか、そんな全身を預けたやり取りだから、生き物として理想的な過ごし方ではあるけれど、やっぱりちょっとパワーいるよね。
たまには街の、手ごねにした(また言い方悪いね。)自然に身を置きたくなるね。

お庭ってエゴかなあなんて思ったりしていたけれど、人間が社会的な存在である限り、やっぱりそれは必要悪なのでしょう。
それに現代は植物も進化して案外社会的になってきて、居心地いいって思ってるかもしれないしね。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<待つこと…してみようかな | TOP | うれしいメッセージ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/63-1ba4cf5a

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。