--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/17 (Thu) 月とおはぎ

 考え続け、神経を使い続け、時間に追われ続けてしまうと、こうも簡単に境界を越えてしまうのか。

 と、今になってみれば驚きをもって振り返ることが、ほんとに今になってみれば、できるのです。

その日はピークに忙しすぎた。
週末までの立て込んだスケジュールを見据えて分刻みで判断して動かなきゃいけないことがあり、体も使い、移動もし、その中で人をお迎えしたり手伝ったり…。

 その緊張感の中で新たな提案が持ち込まれたときに、それまで頭も体もパンパンに張りつめていたのがフ~っと気が遠くなる瞬間があり、そのあとはコントロールを超えていました。

 もうその時ずらりと集まっていた大好きなお友達に心地よい空気を届けることはできなくなって、慰めてくれる言葉もすべて何も入ってこず、ただただあふれ出る震えをどうしようもなくなってしまって…

 いったんみんなに先に帰ってもらい、同じようにお店をしていたことのあるKさんに残ってもらってたくさん話を聞いてもらいました。
もうそれだけでそれだけで頭の中がすっと整理されておさまってくる感じがしたのです。

 「帰ろうか…」

ひんやりとした夜道を歩いて一緒におうちに帰ります。

 「ただいま」と玄関を開けると、「おかえり」と迎えてくれる元気な声達。

 そして、「月見て!」と大きな声。
外に駆け出して見てみると、月に大きな光の輪っか。

     PB090911_convert_20111117205124.jpg


きれいだね、すごいね。
よく見ると、輪っかが内側から外側に向かって赤から青へと変化しています。
棘の玄関先で見ると、ちょうど棘の上に大きく大きく。

守られてるね、祝福されてるね、あぁ、きっと大丈夫だ。

夜空を見上げる5人。
私、エミちゃん、フランスから帰ったばかりのKさん、葉山のMちゃん、島根のYちゃん。
この瞬間のために集まったみたいに、あり得ない顔がずらりと。
みんな何事もなかったように温かく受け止めてくれていて。ね。

幸せだね。


あ、おはぎがある。

そういえばKさんがおはぎを作ってきてくれたのです。
お月見だね。
まるで見通して準備されたみたいに。

     111109_2217~01


不思議な夜でした。

Kさんが帰る時、感謝をこめて駅まで見送りに行ったのですが、
並んで歩きながらKさんがポツリと
「なんか、あれ?疲れてるんじゃないかなってふと思ったから、何か作っていってあげたいな、おはぎかなって思ったの」って。
今回、会うまではKさんとはただの事務的なメールのやり取りだけだったのに。
じんわり。


月とおはぎと、みんなに感謝。








 



スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<夜にはね、見えないものがいるのですよ。 | TOP | 無から有を>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/228-d315e586

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。