--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/20 (Thu) 草木で染められた

 養生園で一緒だったお友達の結婚式に行ってきました。

彼女とはステキなことをいっぱいしました。

ステキな朝食会も一緒にやってたし、乙女会も一緒だったし、戸隠や松本や、お出かけもいっぱいいっぱいしたし。

乙女会は、夜、こっそりお茶とスイーツを持ち込んでお部屋でお話しする会です。
たいていはあるもので、でも時々はオススメのスイーツをお取り寄せしたり。
そして胸キュン話などを話すわけです。

その頃東京と長野で遠距離をしていた彼女の話は本当に胸キュンの宝庫で、
私はたびたび涙ぐんでは笑われていたものでした。
なんだか、
それはきっと離れているという状況だけじゃなく、彼女たちが本当に素直で、好きな気持ち、うれしい気持ちなどをまっすぐな言葉や行動で伝え合っていたから、
だから、離れている上に養生園という特殊な環境なので思うように会えないわけだけど、
二人の間にはややこしいことは何もなく、いつも美しくて温かい何かが流れていました。

私なんかよりうんとうんと年下なのに、
人を愛する上で大切なことをしっかりと知っている彼女から学んだことは本当に本当に大きかった。

そんなわけで、結婚式はとっても楽しみにしていたのです。

そして、それだけじゃなくさらに楽しみなことに、衣装をえみおわすで頼んでいるわけです。
新郎はえみおわす。新婦はkittaさんという、これまた素敵な草木染作家さんです。

神社で行われた式の白無垢も本当に本当に神々しいほどの美しさだったけれど、
(大接近してアップの写真をとっては、思わず振り返って「やった!やった!」と飛び跳ねてしまい、完全にスターに接近した大ファンのようになっていました…)
披露宴のその衣装。楽しみすぎる。

     111015_1526~01


披露宴は小金井の何やら由緒あるお屋敷を利用したレストランで行われました。
玄関へ向かう小道に小さな灯りがたくさん。

     111015_1654~03


入場した二人。
息をのむ。

     111015_1806~02


えみおわす展をしたときに、山梨からはるばる来てくれたえみおわすファンの方と話していて、えみおわすの服は布に力があって、その素材だけでものすごく贅沢なので、シンプルで光ったりしてなくても何よりも迫力があるとその人が話していました。
が、まさに。

こんなにも美しい新郎新婦…。
それは、衣装を着てみました、晴れ姿です。というような美しさではなく、
本当に彼の心の優しさ美しさ、彼女の心の強さ美しさが外側に溢れだしているようなそんなドレスでした。

靴はえみおわすがよく一緒に展示をしているハウスのますみつ君。

     111015_1927~01


アクセサリーは、kittaさんの紹介してくれたアクセサリー作家さんのもの。

     111015_1921~02

     111015_1921~04

     111015_1923~01



いやいや、ステキです。

映画学科の同級生の作成したスライドという名のまるで短編ドキュメンタリー映画も本当に目玉が出るほどのクオリティだったし、
ギター弾き語りもこれまた目玉が飛び出るほどいい曲だったし、

何かにつけてビックリ感動しっぱなしでした。

     111015_1954~01

     
     111015_2014~02

     111015_2023~01

     111015_1819~01

     
     111015_1926~01





楽しくて幸せな夜でした。

kちゃん、ミセスになっても、私がそんな年じゃなくなっても、まだまだ乙女会しましょうね。
Tくん、またこの前みたいにふらりと「吹上から歩いてきた~」なんて突然お店に顔出したりしてね。

なんて。

     
その短編映画のラスト、住宅街の路地に立つ二人、
柔らかい笑顔で、軽く足を開いて、肩はストンと力が抜けていて、二人の間には程良い距離があって。
あの頃、離れていることに抗う力と情熱は本当にすごかった、けど、こうして近くにいる二人の間や周りの景色と何も摩擦が起きないような、そんな力の生じない絵。
やがて音楽が大きくなって映像はだんだんと遠くなっていき、すべて溶け込んでしまう。

家族になる二人とはこういうものなんだなぁ。と、思っていました。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<おかえりなさい | TOP | 向井さんが好きです。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ありがとーーーー 

こんなに素敵な記事を書いてくれてありがとー!

読んでるこっちが嬉しくなっちゃったよ。

式ではゆっくりお話できなかったのが残念。
でも来てくれて本当にありがとう。

ふらっとお店にも行ってみたいし、またアロマもしてもらいたい☆

うふふ、乙女会、しましょう~。

妥協しない朝食会もね☆

かりん

2011/10/21 12:07 | [ 編集 ]


かりんちゃん 

 ほんとうにね、ステキな式だったよ。
さんざん期待していたのに期待以上でした。

センスやら構成やらがいいというだけでなく、やっぱり二人がとっても輝いていたのよ。

また遊ぼうね。

2011/11/02 23:09 | アンネリダ ガーネット [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/223-39685831

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。