--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/29 (Thu) しいんとした湖

ざわざわする時は、ちょっとそのまま揺らしておこう。と思う。

だってボディワークのトレガーの先生も言っていた。

「体が動きたい方向へほんのちょっと助けてあげる。すると、からだが緩むのです」と。


きっと心もね。

体が、人に触ってもらうことでしか緩まない領域があるのと同じように、
心もさ、ひとにちょっと優しく触れてもらって動くかたまりがあるようです。



少し揺れることを許してもらって、自分が揺れたがっていたことがわかる。
ってもんだ。
ユサユサ。
ちょっとだからさ。いいよね。

最近涙腺が緩い。
いろんなことにユサユサする。
それはきっと、ユサユサできなかった柔らかいところが、小さく動き始めているんだと思う。
小さな変化。
始まりはきっといつも静かだ。


身近にいる、人が発するエネルギーはとても強くって、
知らないうちに、それに同調しようと多大なエネルギーを傾けているようです。
それがとっても素晴らしいものだとしたら、それに乗ってどんどん自分もよくなっていけるのだろうけど、
だけど、素晴らしいものだとしても、自分を保つのは、大変。

ぐっと押し下げている自分を、ちょっと思い出してみて、
おへその下からユサユサ揺らしてみる。
最初は小さな波から大きな波へと。

そんな時は「ヒト」の匂いの濃厚でない、デジタルななにかに身を浸したくなる。のです。







数日前、彼女との電話を切った後、

はたして私は何の言葉もかけられなかったし、すごくその痛みは身に覚えがある。と思いつつ、分かるよ、なんて軽々しくは言えなかった。分かるなんて、ね、痛みはその人だけのものだもの。

痛みはその人だけのものだけれど、だから、私にできることといえば、ユサユサしていいんだよって、そう思ってあげることくらい。

電話を切ったあと、何とはなしに「茨木のり子の家」という本を開いてみた。
茨木さんのことばをみつけたかったのかな。

でも、みつからなかった。
茨木さんの家は「しいん」としていて美しかった。
茨木さんは、潔くて、かっこいい、それでいて獣みたいに女の人でもある。
厳しくまっとうなようでいて、ひどく動物的だったりもする。
私も「しいん」としたところのある人になりたいです。


音の洪水の中で、
押し下げている心をユサユサ揺らして
そうして逆に水面を整える。
静かに静かに整っていく。

美しいにもいろいろあるのだ。

そしていろんなものが助けてくれる。


     51C5RYYTE1L.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*茨木のり子『落ちこぼれ』から「みずうみ」   理論社*


だいたいお母さんてものはさ
しいん
としたとこがなくちゃいけないんだ

名台詞を聴くものかな!

ふりかえると
お下げとお河童と
二つのランドセルがゆれてゆく
落葉の道

お母さんだけとはかぎらない
人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

それこそ しいんと落ちついて
容易に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人の降りてはゆけない魔の湖

教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

早くもそのことに
気づいたらしい
小さな
二人の
娘たち
          











スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<力強い仲間のかたまり | TOP | おだやかな暮らし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/216-0648eb73

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。