--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/22 (Thu) 不細工な可愛い子ちゃん、アリガトウ。

台風がびゅ~っと来て、ざ~っと来て。

もしかしたら避難なんてことしなくちゃいけないかも…。
なんて私にしては珍しく台風にソワソワおろおろしていて。

頭が逆回転みたいになっていて。

そんなことをしているうちに、台風は行ってしまいました。


台風が過ぎたら、玄関先に大きな彼岸花が突然に咲き。

     110921_1444~02

あぁ、もうお彼岸だ。


そんなことを思っていたら、母からメール。

「サトルが亡くなりました。」と。

サトルはうちの犬です。(ちなみに雌。)

遠い昔、捨てられていたのを拾われてきたサトちゃんは、完全な雑種犬で、なにの雑種かと聞かれたら、
オオカミとブタの雑種ですといいたくなるような、不細工なかわいこちゃんでした。

散歩が嫌いで、散歩の気配を感じたらいち早く地面に転がって。
無理やり連れて行こうと引っ張ると、首が太いので簡単に首輪が抜けてしまうので、何やらパラシュートのような重装備をさせられていました。
性格もオバタリアンそのもので、ド・ド・ド・と突進して、もう一匹のスマートな雄犬を邪険に追いやっては一番いい場所を占領していました。
スマートな雄犬がスマートな美しい顔でたたずんでいる横で、ふと見ると同じように「可愛いでしょ」と決め顔しているのにはいつも笑ってしまった。

あぁ、可愛い子でした。本当に。

17年前、父が亡くなってすぐ、
立て続けにうちに動物がたくさん拾われてきました。
なぜ同時期にあんなにと不思議に思うくらい。

2年前に亡くなったもう一匹のスマートの雄犬がとっても父にたたずまいが似ていたので、
先日亡くなった祖母は「代わりに来てくれんやね」とよく言っていました。(それにしても話に出てくる人も犬もみんな亡くなってしまった…)

父が亡くなってからの17年間、この家と、母と、そして私たちみんなを守ってくれた大切な家族です。


台風が過ぎ去ったあと。
すべての曇りがとりさらわれた朝。
家に帰りました。

     110922_1304~01

サトルは、生きてる頃は絶対に中に入れてもらえなかった居間に布団をかぶせてもらって横になっていました。
そして、首輪にはお庭のオレンジのバラが差し込まれていました。

「サトちゃん。」
声をかけてみます。
すっかり抜け殻みたいな、
でも呼吸の動きが今にも上下しそうな、
どちらとも。

可愛い子だったな。本当に。
おバカで不細工で。

私もお庭に出て、強い風にユラユラしていたメキシカンセージと千日紅の花を切り取って、そっと首輪に挟みました。
セージの清浄な香りが一瞬ふわり。

     110922_1302~01

行こうか。

車に乗せて運びます。
最後に聴かせる曲、サトルの体に浴びせ、包み込む曲は何がいいかな。
選んだのはWonWinTsanさんの「魂のトポス」。

ただれた下半身から発するのか、それとも少し飛び出した吐物から発するのか、車内に漂う血のにおい。
生きていたんだね。この体の中にいろんなものが流れていて、そして、それはもう生きていないんだね。

Wonさんの音は美しい波動になって、この小さな車内をしっかり包んでくれました。
よかった。


サトルとお別れした後は、
お彼岸だし、父の墓参りに。

犬山成田山の特別景色のいいところにそれはあります。

絵を描く人だった父は、犬山城と、古い城下町と、山と、ゆったりとした木曽川が流れるこの犬山の風景をとっても愛していて、だから犬山の近くに引っ越したのです。
そして休みになると自転車に乗って犬山の景色を描きに行っていましたし、ここにお墓を作りました。

     110922_1402~01

墓地の高台は風が特別びゅ~っと吹いていて、とっても気持ちがいい。

風に倒れてしまうロウソクを何度もたてなおして。

「サトルがそちらに行きました」と。



一緒に時を生きてきた命が消えてしまうのはさびしい。
とってもさびしい。

だからこそ、今この時がかけがえがないと思うのです。

母と言葉少なにお茶をして。
ふと見上げたら、窓のスクリーンに強い風で揺れる木の葉の影と、キラキラ揺れるサンキャッチャーがとってもきれいだった。

     サンキャッチャー




さて、お店に戻ろうかな。
そろそろ「えみおわす」の搬入が始まって、阿部ちゃんとエイミーちゃんが私の帰りを待ってるはずだ。


(Wonさんの魂のトポスは映像探したけどなかったけど、冬にライヴに行った真砂さんと、コラボしてるものがありまして。
これもよかった。「空からのまなざし」だって。)








スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<おだやかな暮らし | TOP | スタジオマノマノ 日曜市>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/214-9a953ac8

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。