--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/18 (Sun) まだ何だか慣れなくて

 こんなにも更新を空けたことは今までなくて、ちょっとビックリしちゃったんですが

 旅が続いてました。

 徳島とベトナムと。

 その報告を早くしたいのだけれど、写真がまだ揃っていないのと、なかなか整理がついていないのでもうちょっと。

 
 そう、整理がついていなくって。

 いろいろなところでいろいろな人と時間を過ごして、違う価値観やらその中での心のゆらぎみたいなものをチラリと感じたり、だからといって「それはね」ってすんなりと理解して何か示すにはあまりにも私の普段のありようから離れていて、「あ、どうしよう」なんて思ったり。

 普段は出てこない心の動きが出て自分でも戸惑ったりして。

 それが旅の、非日常に出会うことの素晴らしいところだなんて、そういえばあちこちで言われたりしてますけども…なかなか楽じゃない作業です。

 そんな口にしにくい思いは説明しようとすればするほどに、思っているのと違って響いているようで、焦っていやになってしまう。
 だけど、説明しなくても分かってくれてしまう人というのがこの世にはいて、そんな人に無性に会いたくなったり。

 いろんな暮らしを垣間見て、自分の立ち位置やらいる場所がよく分からなくなって、さて、帰る場所は…と思ったときに、今、帰ろうとしている日常も日常と呼べるほど慣れた日々でもなくて。

 家もない、ルチンの安定した日々もない、長い時を一緒に過ごした「清も濁もあるよね」って暗黙でダラリとできる昔馴染みも近くにいない。

 私は帰る場所はなく、前へ前へと押し出される濁流の中にまた戻っていくだけだ、なんて思ってしまったら、何だかひどく疲れを覚えてしまい、帰りの飛行機でどうしようもない気分になってしまった。



 だけどね、本山の駅を降りて、見慣れたミスドやらUFJやらを見た時に、やっぱりホッとして。
歩きながらお店に着くのが楽しみになってきて。

 そして、飛行機の中では、あの玄関を空けるとききっと重苦しい気持ちであけるのかなってイメージしてたんだけど、

見えてきたおうちの灯りがうれしくて
「おかえり~。どうやった~。」って出迎えてくれたのが、ホントにうれしかった。

近くにいない人だって
ベトナムの月はどんなかなって空を見上げて思っていてくれたり、
更新ないから心配してたよ、なんてメッセージくれたり、
留守中に来たお客さんもベトナム行ってるの?なんて、ベトナム話をさんざんしていったよ、なんて教えてもらって笑っちゃったり。

濁流には違いないんだけど、
私はここにちゃんと場所があって、
私の周りのぐるりとした人のつながりは、私の抜けた穴をきれいにそのままに待っていてくれていた。ということがとってもうれしかったのです。

帰ってきて3日目。

そんなこと言ってますが、徳島もベトナムも本当に素晴らしかったのですよ。
ちょっと感じることが多すぎて、影響を思いきり受けちゃっただけで。

     110913_1148~01

     110911_2226~01

そんなそんな感じです。



少し前に、ちょっとしたモヤモヤをつぶやいたなら、
それを見たある方がこんな詩を送ってくださいました。
そのつぶやきは、
怒りっぽい人というのは自分が直接はよく知らない事柄や人に対して、不用意に責めることに躊躇しないというか、ゴーサインの閾値が低いのだろうというようなこと。
でも、わざと怒ってみるというか、それを問題提起や物事を動かすコミュニケーションのきっかけにするということもあったりして、何とも言えないといえば何とも言えないんだけど。
(なんて思ってつぶやきはすぐ削除しちゃったのだけど)

あぁ、結局「何とも言えない」ばっかり。

でも、谷川さんの詠うように、そうでありたいなと私もやっぱり思うのです。




 

ほめたたえるために生れてきたのだ
ののしるために生れてきたのではない
否定するために生れてきたのではない
肯定するために生れてきたのだ

... 無のために生れてきたのではない
あらゆるもののために生れてきたのだ
歌うために生れてきたのだ
説教するために生れてきたのではない

死ぬために生れてきたのではない
生きるために生れてきたのだ
そうなのだ 私は男で
夫で父でおまけに詩人でさえあるのだから

(谷川俊太郎「冬に」)

  


やっぱり言葉に載せるのって難しい。
ちゃんと誤解なく書けてるのかな・・・。



 
スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(6) |


<<スタジオマノマノ 日曜市 | TOP | ココロとカラダを整える>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おかえりなさい!
ブログ何回も開きながら、まってたよお
徳島とベトナムにいってたんだね!

またゆっくりゆっくりお話聞きたいな

なんでも吐き出してね
吐き出したもん勝ちってみさわちあきさんが
昨日教えてくれた

2011/09/18 12:00 | こーさんのうち [ 編集 ]


 

おかえり 無事でなにより

ゆらぐ気持ち 
人の..いつかの記憶と呼応するような情緒的な文章で チクッとしました
とりあえずはゆっくり体を休めてねー

2011/09/18 20:01 | シホ [ 編集 ]


こーさんのいえさん 

 アリガト。
ほんとにね、こんなのかいちゃってって思ったんだけど、これ書いとかないとなんか次に行かない気がしてさ。
読む人はどうかなとか心配は心配してるの。
だからね、ヨーコちゃんのコメントうれしかった。
それだけでもう書いてよかったなって。なんて、人に慰めてもらおうとかちょっといやらしいみたいだけどさ。
ミサワチアキさんは私もとっても憧れの女性だよ。
チアキさんがそう言っているのなら、まぁ、こんなのもいいかもね。

2011/09/19 00:29 | アンネリダ ガーネット [ 編集 ]


シホちゃん 

 きっといろんなことをくぐりぬけてきたシホちゃんの、だからこその今の包容力にとってもとっても助けられているのです。
 私もそんな、人に対して大きくてあったかい人になりたいな。と思う。
またシホカウンセリングお願いしますね。フフフ。

2011/09/19 00:31 | アンネリダ ガーネット [ 編集 ]


 

最近、ガス欠状態の自分を駆動するのはなんだろう?と考えることがあります

親切にしてもらった記憶、かわいがってもらった記憶、見守ってくれていたんだなという記憶

深く愛されるとかそんなんじゃなくてもいい

僕に長所があったとか、その人にメリットがあったとかそんな次元ではないと思う

ただ、生身の人間のひとりとして尊重された記憶

Pass Da Vibes

親切にしてくれた人に直接恩返しできない状況だったりする。善と悪混ざって人間かもしれないけど、そのあたたかさを知る者はできれば誰かにパスしたい

僕の心に刻まれる詩を紹介しておしまいです

亡くなられた戦後を代表する女性詩人茨木のり子


 汲む
 ―Y・Yに―

大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました

そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても

人を人とも思わなくなったとき
堕落が始るのね 墜ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなかった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性

それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇  柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい

あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと.....

わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました

たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです

2011/09/19 02:53 | 磯 [ 編集 ]


磯さんへ 

 磯さんの感じている想いが、文章と、紹介してくださった詩を最後に、なんだか少し伝わった気がします。

 「人を人と思わなくなった時、堕落が始まる」

 茨木さんはやっぱり直球で響く言葉を使いますね。

 「人を人と思わない」のは、決して悪意からだけでなく、その他の何かだったりもするのだけれど、

 どんな人にも奥には震える心があり、その時その時でその人にとってベストの行動を選んでいる。ということを、常に忘れないで人と向き合っていきたいなと思っているのです。

 そして自分の中にある「その他」に飲み込まれてしまわないように、いたいとも。
 

2011/09/22 01:52 | アンネリダ ガーネット [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/212-3fc603de

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。