--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/17 (Fri) にたものどうし

 毎日毎日たくさんの人と出会います。

 きっと改めて考えてみたらたくさんのたくさんの人と。

 そんななかでも不思議な結びつきを感じる出会いというのがたまにあります。
もう、会った瞬間から、ろくに言葉を交わす前から深いところまで分かりあっているような感覚。
 さらに名前を聞いたときに「あぁ、そうだった」とさえ思うことも。

 そういう出会いの瞬間は、ものすごく胸がドキドキして、何かいてもたってもいられないような気分になり、逆に言えばそういう瞬間を持った人とは、100%その後もずっとずっとつながっていく重要な関係になっています。

 恋に限らず。

 女の子も。

 それを一体何と呼んだらいいんだろうね。

 そして、その関係は絶対に外れない。
ふだん遠く離れて暮らしていても、もう元々の関係性なんて説明できないことになっちゃってても、長く言葉を交わしていなくても、お互いに必要な時には自然にちゃんと会えるし、必要な言葉や助けをかけあえる。
 面白いくらい。

 私には、そしてきっと誰にでも、そんな関係の人たちが幸せなことにいるのです。

 
 不思議、不思議、この世は不思議。




 すっかり前置きが長くなりましたが。

 彼女もまさに私にとってそんな存在。

 初めてみた時彼女のあまりの可愛らしさに緊張してしまい、(彼女に今もしつこく言われているように)どうやらそっけない態度をしていたらしい。

 その夜お風呂場で一緒になって、もういきなり、もういきなり、お互いの人には話さないようなこと、家族のこと、これまでのこと、を自然にいっぱい話して。
 いや、話している言葉よりもずっとたくさんのことを伝え合っていたと思う。
 経歴に共通点はたくさんあったのだけれど、そんなことじゃないんだと思うのです。
言葉ではうまく言えない。

 その時からもう何年も遠く離れているけれど、全然そんな気がしない。

 そして、どちらかが困っているときには必ず何かしらのタイミングで会う。


 とにかく彼女が来てくれました。

 
 オープンのお祝いにとくれたのは、茨木のり子の美しい詩集。

     110611_0048~01


 やっぱり。

 茨木のり子の「自分の感受性くらい」という詩は、私が数年前一番闇が深かった瞬間、実家のこたつの上にふと置かれた雑誌に載っていて、それを読んで私は最初の光を見つけたというものです。

 冗談言いながら野菜の収穫をして、
 お料理を作って
 ばったり寝てしまった彼女をそのままそっと寝かせておいたり、
 大音量でjazzが流れる青猫でスポットに照らされながらそっと言葉を交わしたり、
 帰りたくなくて、夜の街を車で走ったり、


 

 朝のキラキラの中で交わされることも、
 夜の何もかもが聞き耳を立てているような静けさの中で交わされることも、

 全てが今必要なことだった。



     110611_0846~01


     110612_1020~01

     201106121018000_convert_20110617011749.jpg

     110611_2141~01

     
     110611_2228~01


 混沌こそが人である証ってある人が言っていた。

 その混沌にきっと相棒がいることが信じられるから、生きて行けるんだと思う。




 まるで私みたいなお花を見つけたって、彼女が買ってきてくれたお花は、
まるで彼女みたいだった。

     
 にたものどうし。


201106121047000_convert_20110617012224.jpg







 
 

 

 

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<やさしい気持ち | TOP | お山の暮らし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

何年前になるだろう…図書館通いしてた頃に茨木のり子さんに出会いました。「自分の感受性くらい」は最初に読んだ作品です。来月に店に行こうと思います。日程も決めているので近々連絡します。

2011/06/17 20:52 | kan [ 編集 ]


Kanちゃん 

 やっぱりね。
不思議なつながりのある人とは何かしら何かしら共有してることがあったりして…
面白いね。

来月来てくれるのうれしい。
楽しみに待っています。

2011/06/18 00:00 | アンネリダ [ 編集 ]


 

混沌・・・まではいかないけれど
混乱してます。

自分らしくあることと、まわりの評価と
またそこから見えてくる自分自身と。

生きるってこと、人、
単純にはいかないね。

経験を積んで、深みが出るってもんだね!

相棒がいるから、前に進めるね。

2011/06/18 07:44 | ゆう [ 編集 ]


ゆうちゃん 

自分らしくあることと、まわりの評価と
またそこから見えてくる自分自身と。

まさに。

昨日今日まさにそんなことを思っていました。

誰だって一緒だね。

クルクルかわいいゆうちゃんもだっていうのだったら。

でもだから、最近小さな幸せが沁みるのです。



2011/06/21 01:55 | アンネリダ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/184-77a7c357

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。