--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/15 (Wed) お山の暮らし

 こういう暮らしをするという夢を実現させること。
イメージを現実にすること。

 はっきりとした強い思いがあれば、足りないものはスルスルとやってきて、あっという間に形になっていく。
それが途方もなく遠いところにある憧れのようなことだって、びっくりするほどあっけなく。

 そんな彼女のこの3か月の奇跡を驚きをもって見つめてきて、大きな希望やワクワクが私の胸にも植えられました。

 彼女と再会したのはわずか3か月前。
長野から帰ってきてすぐ地震があって、近くに帰ってきたのだから連絡しなきゃなぁと思いながら、会うことそのものが目的で誰かに連絡することができなかった。
 でもチラリと連絡したならすぐの返信「今日は何してる?」って。
その日のうちに会って、何時間も時間を忘れて話し込んで。
その時彼女は憧れに向かって覚悟を決めて動き始めたところで、その迷いのないはっきりとした勢いはとっても私の中にも力を沸き上がれせてくれました。

 その憧れとは、ニュアンスが違うといけないので私の言葉で勝手に語ることはできないけれど、とにかく彼女は豊田の奥の奥、もう恵那まであと少しという山間の小さな小さな集落に古いおうちを借りて、ボロボロだったそのおうちを自分の力で少しずつ修繕しながら暮らしを作っていっています。
 一人で決意して始めたそのことに、まるで信じられない程のピッタリのパートナーが新しく加わって、畑を作り、ハーブを植え、ソーラーを取り付け、お友達が集い、楽しい楽しい暮らし。

 先日やっと彼女のおうちに遊びに行きました。

 この先に何かあるんだろうかなんて心配になるほど細い細い山道をひたすら走ったところに、まるで昔話に出てくるかのような小さな集落が突然現れました。

 待ち合わせ場所でプラプラしていると、犬の散歩したおじいさん。
いっぱい話しかけたくなるほどキュートな人でした。

     110608_1535~01


 もう何度も顔を合わせて、それにしてもすっかり昔馴染みのように親しくなってしまった彼女のパートナーが迎えに来てくれておうちへ。

 坂上のかわいいおうちから手を振る彼女。と、最近私も知り合った、彼女のお友達の写真家ちゃん(彼女がまた可愛いんだ)

     110608_1543~01

 絵のように幸せな風景。

     110608_1546~01

 作ってきた米粉のケーキでお茶をしながらまったりとして、

     110608_1600~01



 畑とお山に収穫にみんなで出かけます。

 グルグル面白い形の畑。

     110608_1637~02

 自然農で作られた葉っぱたちは全然虫もついておらず、柔らかくて立派。

     110608_1639~01

 二人の愛犬、アイ。
木の下でなぜかあぐら座り。
「座禅組んで木の下に座っていて、あれはただの犬じゃないね、ブッダかな。」なんて笑って。
まだ犬小屋がないらしく、そうしたら自分で横穴掘ってそこで寝起きしてるらしい。タダモノじゃない。

     110608_1644~01


 アイを一通りかまった後は、裏山へ。
ずっと放置されていたその山は、さびしく枯れ枯れな景色。間伐してあげてないからだよ。と。
間伐されている他の人の敷地は下草が青々としていて、その違いは一目瞭然。
せっかくだからみんなで間伐とか教えてもらって体験したいよね、って、楽しい計画も聞かせてもらった。

     110608_1702~01


 小川には野生のワサビがたくさん出ている。
水がきれいなんだね。
大きな梅の木。
下に落ちている梅をみんなで拾って。

     110608_1711~01


     110608_1717~02
  
     110608_1711~03



 夕食の前にプラリとアイのお散歩に。
切なくなるほど美しい景色。

     110608_1740~01

     110608_1802~01


 

 夕食は久しぶりに本当に感動するお味でした。

 パートナーの畳職人たっちゃんの畳が新しく昨日入ったばかりというお部屋は、気持ちの良いイ草の匂いがいっぱいで。

     110608_1546~02

 ワサビと畑の小松菜の和え物
 大豆コロッケ
 破竹の天ぷら
 御近所のおばあちゃんからいただいたきゃらぶき
 そばサラダ

     110608_2049~01


 お野菜を大切に大切に思った結果で作られたお料理は、愛情の交換がちゃんとなされているイキイキとしたおいしさでいっぱいでした。
 あぁ、お料理ってこういうふうにしなくちゃなって、想いを新たに強く強く。

 たっちゃんのバンドかむあそうトライブスの出演したイベントのDVDを見ながら、楽しい食卓。

 夜は真っ暗な、本当に真っ暗なお外に出て、線香花火。
チリチリ、ジリジリ。

     110608_2329~01


 この夜をきっと忘れないと思う。


  
 朝早くお仕事に出かけるたっちゃんを、みんなで坂の上からずっとずっと手を振って。
たっちゃんは出かけるときに強い目でまっすぐに一人一人を見て、ありがとうねって手を差し出してくれた。



 何もないところには、あらゆるものがあって、
 愛が際立っている。
 
 おひさまの光
 緑の葉っぱ
 影を伸ばす夕焼け
 夜のシンとした気配
 犬の声 
 お隣さんの笑顔
 そして愛し合う夫婦とおもてなし

 何だか涙が出そうでした。

 子供は3、4人は欲しいかななんて笑っていた二人。
 ここを元気なちびっ子たちが駆け回るところを想像したら、その美しさにますます涙が出そうになってしまった。

 ありがとう

 つきあかり

 来週入籍するメグちゃんとたっちゃん
「お幸せに」なんて見当違いだね。
「幸せを分けてくれてありがとう」だね。

 これからもよろしく。

     110608_1605~04





     






 

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<にたものどうし | TOP | 昔の日記に想う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/183-c3834f04

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。