--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/06 (Fri) 名古屋大学交響楽団100回定期演奏会

 こんばんは

 GWも無事終わりました!

 イレギュラーな営業だったのに、みなさん来てくださって(ということはblogもチェックしてくれてるということで、うれしいなあ。)楽しかった。
 何より、お友達のお友達や、ふらりと来てくれた人や、そんな元々の知り合いじゃなかった方達が今回リピートしてくださることが多かったのでうれしかったし、さらにいろいろ話して親しい感じになったりして。お店って楽しいですねえ。

 最後の日が終わり、片付けを母に託して、私はオーケストラを聴きに!

     110506_0016~01


 今日は名大オケの定期演奏会があるという情報を得て、名大ならすぐそこだしプロみたいに目玉が飛び出る値段じゃないし、行きたいなっと思っていたのです。
 ところが場所をよくよく見たら名大キャンパスではなく「中京大学文化市民会館」と書かれている。
あれそこじゃないんだった、と思い、でも中京大なら地下鉄二駅くらいだし。と思っていたら…、出がけに分かった真実。なんとなんと中京大学文化市民会館というのも中京大学キャンパスではなく、金山にある元市民会館を中京大学が買い取ったかなんかのようで…とにかく遠かった。思った以上に。

 そんなことはいいんですが、

 大学オケの演奏は初めて観ました。
私は最後に見たオケは小澤征爾のサイトウキネンで、これが今でも忘れられないすごい音楽体験だったこともあり、それと比べたりせずあまり内容には期待しないで、気楽にオーケストラの音の重なりや音楽を楽しむつもりで行こう!なんて思っていました。

 ですがですが、名大オケ、とってもよかった。びっくりするほど。
私はクラシックマニアでもないし批評家でもないので、細かなことなんか全然分かりませんが、とにかくすごくよかった。
 大学祭の出し物とかそんなレベルでは当たり前ですが全然なく、
なによりなにより、このオケと演奏会にかける学生さん達の熱というか、それがまさに「ほとばしっていて」!

 楽しんでもらいたいと、曲の解説を曲ごとに舞台の幕になぞらえて人物化して説明してくれたり、初々しいその司会もとってもいい感じでした。

 そして最初の一音を合わせる時の緊張感、徐々に重なっていく音、あちらこちらでそっと奏でられる優雅なソロや、一体となって登っていく迫力。
 盛り上がるにつれて全身でノリに乗って楽器を鳴らしまくっている姿に見とれてしまっていました。

 そしてフィナーレ!
鳴りやまない拍手!パートごとに何度も立ち上がって頭を下げて、その度に大きな大きな拍手。
楽団のメンバーは、男の子も女の子も涙をぬぐっていました。

 斉藤秀雄さんに師事した武藤英明さんを指揮に迎え、半年前から何度も合宿を重ねてこの日に臨んだんだそうです。
 最後はメンバー同士で固く握手を交わし合っていました。


 大学オケ、
こんなささやかな値段で、まさかこれほどさわやかな感動で胸がいっぱいになるとは予想もしていませんでした。
ありがとうございました!


 ちなみに演目は
   ベートーヴェン レオノーレ序曲第3番 作品72
   ブルックナー  交響曲第5番変ロ長調WAB105  でした。


 これからもチャンスがあればいろいろ足を運んでみたいと思います。



名古屋大学交響楽団HP


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(3) |


<<動物園! | TOP | ショパン「葬送行進曲」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


音楽かあ。 

アンさんこんにちは。
お店は順調ですか。

なんとなく今日は自分や自分の過ごしている時間が嫌になってしまって・・。
素敵な言葉に会いたくて遊びにきました。

震災があったりテロリストが殺害されたり
渦中の人間でなくても心が疲れてしまうような事件がたくさんあるよね。

なにもそのせいだけではないと思うけれど
この頃すごく疲れてしまってどうしようもないのです。
何となく、何かが
恨めしいような気分なのです。
その恨めしい対象物が何なのかも分からないのだけれど。

この気持ちが疲労した感じ、ちょっと・・
ツライナ。
いろんなことが否定的に見えてしまう
変なメガネをかけているようです。

そういえばこの頃
心が震える演奏を聴いていないし
音楽っていう存在自体忘れていたなぁと
アンさんの文章を読んで思いました。


2011/05/06 19:55 | みこ [ 編集 ]


みこさんへ 

 先日届いた報告書で、みこさんのがんばりに目を細めていたんだよ。

 この古いおうちにいると、日本の特に東京のピリピリとした空気ががひしひし感じられて、東京のみんなのことをとっても心配しています。渦中にいてやるべきことに忙殺されていると、なかなか疲れていることに気がつかないものねぇ。

 そのピリピリは、この国の大きな流れを動かすためにきっと必要なことだろうけどね。

 頭空っぽにして音楽聴いてみるのもきっとよいよ!

2011/05/06 23:14 | アンネリダ [ 編集 ]


今日も雨だね。 

アンさん。

ありがとうね。
急に誘っちゃったけど
明日のオペラは一緒に行けるかな。

2011/05/11 17:47 | みこ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/169-300fac1c

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。