--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/11 (Mon) 名古屋大仏

 本山の街をふらりふらり。四谷通りを歩いていましたら、
気になるお寺を見つけました。

 外から見るとストゥーパみたいなものが見え、どういうところなのだろうとふらふら入ってみました。

    110406_1655~01
 

 敷地の中に入ると、静かな静かな風がふわっとまきあがったように思いました。
丁寧に手入れされたお庭はどこをみても特別なきらめきがあります。

110406_1655~02

110406_1658~01

110406_1700~01


 竹林の階段を下りていくと…

 「名古屋大仏」との文字。

 名古屋に大仏が・・・・・・知らなかった。

 うけるなあなんて、にやけながら入ろうとすると、
「静かに手を合わせる心の方のみお入りください」と。
そして、西日に照らされた大仏様にあっと一瞬時が止まってしまい、心の持ちようががらりと変わってしまいました。

110406_1705~01


 一人、また一人、と、やってきては丁寧に手を合わせていきます。

 私も。

 
 大仏の下に書かれていた言葉
 
  諸行無常
  諸法無我
  涅槃寂静

 なぜこんな言葉が昔から言われているのか。
 なぜ仏教では心の内側の平安を求めようとするのか。

 常にこの世は残酷なのだと
 今思う。




スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(1) |


<<養生園アースバッグの家 | TOP | 誰かの大きな悲しみの前に想うこと>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/12 17:24 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/159-d924f63d

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。