2011/03/05 (Sat) 下鴨神社

 朝、下鴨神社に行ってみました。

 お空は快晴。

 光がキラキラしています。

     110302_1046~01

     110302_1048~01
                        珍しい八重の椿。

     110302_1059~02

     110302_1103~01
           光琳のあの屏風絵の梅なんだそう。いい香り。



 下鴨神社には「糺の森」という三角形の小さな森がくっついています。
糺の森(タダスノモリ)…なんてきれいな名前。

 最近合併なんかでつけられる新しい地名は「わかりやすくなんとなくいい感じ」な平仮名やありきたりの言葉が用いられることが多いのだけれど、私はあんまりその傾向は好きじゃない。
(数年前、奈良の斑鳩の名前が消えそうだったときにもとっても憤っておりました。西東京市とか北名古屋市とかいう名前もなんとなく、プライドがないなぁと思ったりして。)
古来からの地名や名前はいかつく分かりにくくだったりしても、ぞくぞくするような美しさがありますよね。

 糺の森は、紀元前3世紀の植生と同じ森なんだとか。(石器時代の遺跡が…とあって、またも縄文か、最近縄文が寄ってきてるなあなんて。)

     110302_1053~01


 ここが街の中だということを忘れるくらい、のびのびと植物が息づいていて、す~っと気持ちが晴れ晴れとします。
 正しく明るいものが内に満ちてくるような、そんな気持ちのいい森でした。



*糺の森の保護に関するサイト:糺の森財団








スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<お水送りの神事 | TOP | 京都のいちにち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/134-b249672b

| TOP |

プロフィール

miwa

Author:miwa
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR