--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/29 (Sat) 雪道思索 結局ニュートラル

 今日のお休みは、ゆっくりゆっくり過ごしました。

 運動公園にある遊歩道を散歩して、初めて茅野の図書館へ。
まだ太平洋戦争のことが気になっていたので、いろいろみたいなと思いまして。
図書館では戦争の写真や東京裁判の史実を見て、小説の中で気になった人物、溥儀や、外相広田弘毅の本などを借りて帰ってきました。



 雪の帰り道、すっかり価値観がぐるぐるしてしまい、ついでに自分自身についてもぐるぐるぐるぐる…。

      110129_1724+01_convert_20110130002415.jpg


 結局ニュートラルに戻ってきただけだな。
ニュートラルとは? 思春期のあのころに。

 10代のあるとき、目にするもの耳にするもの、世界のすべてがどうしようもなく耐えられなくなったときがあります。 「これってこうだよね」とか、これが正しいとか、優しさってこういうものだとか。
交わされるすべての言葉が、そこら辺で安易に拾ってきたものに過ぎないように思えて。
そして、自分から出る言葉もその場で期待される言葉をなぞっているだけじゃあないかって思えて。もうほんとのこと以外何も口にしたくない。でも話してしまう。それらに対する嫌悪感。

 その後髪を坊主にしました。
かわいいということが一番の価値を持つように思われた、自分や自分の周りの世界に辟易して。
 でもそれでいながら男の子の反応が気になったり、そしてそんな自分の弱さに落ち込んだり…。

     110129_1725+04_convert_20110130002439.jpg


 思想的に少し潔癖なところがあるのかもしれません。

 いいとされていることに感じるささやかな違和感を放っておけず、いやそうではないんじゃないかと正反対の世界に身をおいてみる。そこでの価値観にもささやかな違和感が生じるとやっぱりこあそこかもしれないと。

 ナースたるものという献身や、命は救うものということへの違和感。自己表現でご飯を食べることへの違和感。エッジィなところに身を置いてこそ精神は磨かれるということへの違和感。健康のことを第一に考えて行動を選ぶことへの違和感。スピリチュアルへの違和感。

 10代のあの頃から、「本当のこと」を探していろいろな世界に飛び込みながら、本当のことなんてぜんぜん見つからない。
 いや、本当のことなんて、完全な正しさや完全な幸せなんてないってことは、十分にわかっているのだろうけれど、それを追い続けてしまう。

 それを求めて動き続けることの苦労なんてぜんぜん厭わない。
むしろ、違和感を抱いたままひとつの世界の奥にそれを求めていくことのほうが私には難しいのです。

 フワフワしてるとか、捕まえきれないなんて言われてしまうのは、そんなありえないものを求めてしまっているからでしょうかね。

  好きな人とは完全に溶け合ってしまいたい。
でも違う人間だからそれはありえない。どれだけ一緒にいても、自分じゃない違いに対する悲しみは決して小さくはならず、それが悲しい。それをうまい具合にまぁいいかと納得して、一生を共にするということに首を縦に振ることはできなかった。(まあ、本当に一生を共にする相手だったらそんなこと考えず首を縦に振れるんじゃないか、なあんて思ったりしていますが。)

 同じ理由で、子供を持つことも、できるのかなぁ。
何がいいのかも混乱している私なのに、子育てなんて。

 とはいえ、飛び込み台であれこれしり込みしてばかりの私ですが、水に入ってしまえばもがきながらも泳ぎきってしまうのかもしれませんね。

 子育て中の友達の「えー、えらいとかそんなんじゃないよ。できちゃったら産むしかないし、産んじゃったら育てるしかないし、そんな感じでやってるだけだよ。」
という言葉がとってもいいなって思いました。
まあ、何にしてもやったことのないことは難しそうに思えるだけのことかもしれませんが。
 
結婚出産に関してはともかくとして、今後の道筋についても、結局「何がいいのかわからない」というニュートラルに戻ってきてしまった私。
分からない分からないといい続けているうちに、変な信念が固まって、肝が座ってきたらいいのにな。


 とにかく興味のあることをやっていくしかないでしょうね。

 (さしあたって今の興味は太平洋戦争ですが。笑。今まで映画ラストエンペラーすら見たことのない手付かずの領域なだけに、堀りがいがありそうでワクワクします。)
 

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<なんだか元気が出てきたわい | TOP | 80年代がすき>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ご無沙汰してます。 

養生園では、お世話になりました。

この時期に養生園みたいな宿泊施設ないかなあと
ネットサーフィンしていたら
こちらのブログにたどり着きました。

新しいことを始めるようですね。
ヨガのTさんも京都で面白いこと始めてるし
こちらもワクワクしてきます。

僕は昨年、60代女性の大家さんが古民家で営むギャラリーの横の農作業小屋を借りて
改装しながら畑を開墾して
蕎麦カフェを営んでました。

「妖怪」と自称している大家さんの秘薬と妖術に翻弄されながら鍛えられ、内容の濃い一年を過ごしました。

今年に入り、古民家を探したり、資金作りの為の職探しを始めました。

いつか、薬草をグズグズ煮出している名古屋の魔女に会えるのを楽しみにしてます。
では!

2011/01/30 20:46 | 神奈川のKです。 [ 編集 ]


kさん! 

わ~い、お久しぶりです!

養生園スタッフはゲストのかたから妖精だと思われている節があるので、イメージ壊しちゃいけないと、こっそり勝手なことを書き綴っていたのですが、こうして見つけられる可能性があると分かって嬉しいやら焦るやら…(笑)。

その妖怪の話はうっすら噂で聞いてました。Kさんの動向はいつもとっても気になってましたが、いかんせんなかなかゆっくり話すときがなかったので。名古屋のお店ができたらぜひぜひ遊びに来てください。梅やミカン仕入れたりできるかしらね。

Kさんのこれからもとっても楽しみにしています。今度ゆっくりお話したいですねぇ。

2011/01/30 22:01 | アン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/118-ab5bc7aa

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。