--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/23 (Sun) 体調不良で、帰ったらひたすら寝てました。

風邪ひいてました。

 めったに出さない熱なんて出してしまって、

 病院での仕事中、「しんどい…」と思いつつ、悟られちゃいけない、
なぜかって、今からすぐ受診したほうがいいなんて言われて、薬飲まされたら嫌だし。
(先日コンタクトが合わなくて目が充血していた時に、眼科に連絡入れられそうになり焦った経験から。)

 なんて、全く矛盾してますね。

 なんだか出荷用に農薬使いつつ、自宅用には別で無農薬で作っている農家みたいか。

 でも、治療嫌い、薬嫌いは好みの問題で、私だって手術が必要と言われたら、悩んだ末に承諾するという、
世の多くの人がたどると同じ経緯をたどるんだと思います。

 つまり、私にとって病院で働くというのは、花が好きだから花屋で働くというのとは違って、病院や治療が誰よりも嫌いだから、だからせめて、病院という扉を開けてさらにそこで生活することになってしまった(まあ絶対強制されているわけじゃないんだから、してしまったというのが正しいのだと思うけど)私からして最悪の状況になってしまった人をほおっておけないっていう勝手なおせっかいによる感じなのだと思います。

 それにしても私、恥ずかしながらケアということに関しては、世の女子諸君に比べると本当に無頓着。

 ちょっとした怪我、やけど、風邪、・・・
たいていは放置。だって大丈夫なんだもん。
ひどい化膿でもしていない限り手を尽くしても尽くさなくても治りは変わらないっていう気がする。
傷跡が残ってしまっても、「あぁあの時の傷か」って思うくらいで、きれいでいたいっていう気持ちが薄い気も。

 もう10代の娘じゃないんだから、つるりとかわいいなんてありえない。
それよりも、小さなことで騒ぎ立てず、傷なんていっぱいこしらえて、
余裕で笑える心の透明さとふてぶてしさを身に付けた、魔女みたいに色っぽいババアを目指していきたいものです。

 

 余談ですが、具合の悪い人に必ずかけられる「大丈夫?」という言葉。
あれがどうにも嫌で仕方がない。
だってそう聞かれても、何をもって大丈夫かどうか答えたらいいのかわからない。(理屈っぽくてゴメンナサイ)

大丈夫じゃないけれど仕事に穴は開けられないから、何とか気力で出てきてる場合。
もしくは最悪の状態でもう既に休養している場合。
仕事が?今の状況が?未来が?
だから私は大丈夫?とは聞かない。どお?とかかな。

 そしてついでに心配もしない。
すべてはその人の流れの中にあることで、なるようにしかならない。私が何かしたり、その人の取り組みが流れを変えるかもしれないし、変わらないかもしれないし、でもすべては意味のあることで、他人はその流れを見ていくしかできないんだと思うから。
 ただ、見ていきたいなとは思うのです。そして実際に不自由していたり困っていたら手助けしたい、孤独を感じた時に心寄せてることを知らせたい。その位置にいたいなとは思っています。いろんな変化をともに受け入れることのできるくらい近い位置に。

 今までたくさんのたくさんの人を見送ってきました。(月に関わった人5人くらいと計算してもざっと…400人近くか。ヒエッ)

 誰に対しても死んでほしくないとは思わない。絶対治ってほしいって必死になったりもしない。
だってみんな死んでしまう。

 私はただ誰に対しても、元気な時も死を間近に迎えた時でも、私と関わっている時間は最高に気持ちの良い瞬間だったと思えるように。

 そんな瞬間を重ねていようと思っているだけです。

 心配しない、祈りもしない、というのはそういうこと。

こんなでいいのかわからないけど。

 
 
 



スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<昨年のクラシックハイライト | TOP | 善光寺参り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

ふふふ・・・
おもしろい
魔女みたいに色っぽいババア・・は素敵な表現ね

うんうん、つるりとしたものより
傷だらけのやっかいなものになりたいなあ・・・

体調はどう?

わたしゃ3日くらい、ぐーぐー寝てたら
よくなったよー

またね

2011/01/27 17:33 | シホ [ 編集 ]


Re: No title 

 シホちゃんはかなり魔女筆頭よ。フフフ。

 ただのしわくちゃじゃあないんだから、難しいコース狙いよね。

 最近湯たんぽかって、ぬくぬく幸せ。
睡眠は大事だねえ。

2011/01/27 21:16 | アンネリダ ガーネット [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://zenchushouka.blog133.fc2.com/tb.php/114-1646c0d8

| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。