--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/19 (Mon) 高木さんと湯たんぽ

 久しぶりに新聞など見ていたら、「相手を変えようとするのではなく、自分が変わりなさい」などと、耳にたこができるようなことが書いてあった。

 「あるがままを受け入れて、自分が変わった上で優しく接する。優しくさせていただくのです、それが布施の心です。」と。

 変えようなどとは思わず…ね…、相手や状況のあるがままを受け入れるというのは難しい。
相手の幸せのためにできるだけのことをしてあげたいと思っているのに、自分本意がそれを嫌がる時があり、だからこそ苦しいのだから。

 こんな時、ストレートな言葉は全然響かない。言葉が言葉以上の意味を持たない。


 この前のお休みの日、ふらりと高木正勝展に行きました。
春日井の方に遊びに行っていて、ふと高木正勝展なんてやっているのを知って、なんてこと!って。

     111214_1518~01


 高木正勝さんは映像の人だけれど、その音は本当に響いてきます。

 文化フォーラム春日井のロビーに作られた展示。
光がサンサン差し込む中、画面に移された映像と、後ろのスピーカーから聞こえる音。
座るところには湯たんぽが置いてあって、みんなそれをお膝にのっけてみている。

     111214_1522~01


 私も。

     111214_1523~01


 外は風がビュービュ吹いて、歩いてる人は随分と寒そうなんだけど、ここは別世界。
ぬくぬくして気持ちいい音に包まれて、
時間も忘れちゃって1時間以上はそうしていたかな。

     111214_1520~01

 一度出て、コーヒー飲みに行って、そしてまた帰ってきちゃった。

 湯たんぽ。
ちょうどその日の朝。
安曇野から泊まりに来ていたお友達と、ゆっくりしみじみした時間を過ごして、
その子がね「お布団に湯たんぽをいれてくれていたのが本当にうれしかった。」って言ってくれたのがとっても心にしみていたの。
湯たんぽは本当に本当に人を幸せにするね。

夜は窓一面に張られたスクリーンに映し出されて、
ユラユラポコポコ音がして。

     111214_1740~01


私はまた、湯たんぽを抱え込んでウトウト…

     111214_1821~02


悪いことなんて何もないのに、とっても恵まれていて幸せなのに、
なんで悩んだりするんだろう。

周りを満たしているのは本当に美しい、色のユラユラや、誰かの笑顔や、生命の輝きや、・・・
この人の目に写っているものはなんて美しいんだろう。
それをそのまま彼の中からすくいあげてこうして誰かが目にすることができる。
その作業をしてくれたことにありがとうといいたい気持ち。

     111214_1908~01


そうしてね、人を救うものはたくさんあるけれど、内側にある何かを何にも遠慮せずにそのまま出してくる。
そのソロの作品は圧倒的な力を持っていて、
それは独りよがりでもなんでもなく、結果的に自分はもちろん周りの誰かに響いたりすることもある。

なんてぼんやり思ったりしていました。

もちろんバランスで、

人と協力し合うとか、生かしあうとか、優先し合うとか、それも大切だとは重々思っているのです。

でも、でもね。
みんなでちょっとずつ力を出し合うってだけじゃなく、
一人の人間の中にまとまって持っている何かをそのまま出すというのも同じように大きな力があると思ったりするのです。


 今日は三河安城まで行ったのに、目的を果たせずでトホホな帰り道。

 車でかかっていたのはこの曲。
ポコポコとなでられて、やさしく修正されるような、そんな音楽でした。


 


  


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2011/12/08 (Thu) この店・・・心意気しかないね・・・

 「この店・・・心意気しかないね・・・」
ある店に入った時、うっとりとお友達が口にした一言。




 私って本当に恵まれてるんだと思うのです。

ステキなところにばかり住んでいる。
住むところは、自分でこの街がよさそうだから住みたいなと思って選んだことはほとんどなく、
だいたい流れで住むことになったところばかり。
そして、なんてステキなところだろうってその街が好きになって、離れたくないのに・・・と思いつつ次の場所に行かなきゃになる。
初めの頃は前の場所への未練たっぷりなんだけど、あれ?ってだんだん好きになっていく。

というパターン。


 名古屋、そのなかでも本山、本当にステキなところ。

 静かにひっそりとすごくハイセンスな小さなお店がぽつぽつとある。
というのは、信州だからこそだと思っていて、あぁ長野はステキだったな…と未練かついでいたわけですけど、

 本山、本山にもそんなお店がたくさん(というわけじゃないけれど、心がフルで満たされるには十分たくさん)あるのです。

 名古屋にね、そんなお店があることが分かってしまった今、もう私どんなに幸せか。

 
 やっぱりさ、元気を取り戻すにはいろいろあって、
寝るのももちろん、一人になる、とか、楽しい人の面白話でお腹の底から笑う、とか、大好きな人に会う、とか、
植物に触れる、とか、アロマをうける、とか、

そしてそして、「完璧に美しい空間に身を置く」ことで得られる効果といったら。

 もうドアを開ける前からその植え込みやら灯り、やら、気配にドキドキ胸高まらせ、
扉を開けてあらゆる角度を見てみてもどこをどう切り取っても美しく、雰囲気を感じる時、もう1秒で一気に自分が最高に満たされて、もう幸せで幸せで呼吸すら苦しくなるほど。

 それは何風とかいうことも越えて、空間を乱すどんな違和感も妥協しないというその心意気ゆえに成りたつ世界。

 昨日今日と、そんな心意気を持ったとっておきのお友達をお迎えしたので、私が見つけたこれはというお店にご案内+合流したもう一人のお友達のオススメのお店に連れて行ってもらい、私も完全にノックアウト。
もう帰りはスキップしたいくらい浮かれた気分でした。



 配慮とか他の人との兼ね合いで「どうがいいのかな」と読みとったり適当なところで手を打つ、とかといった小さなことの微調整に翻弄されるのではなく(それも大事ではあるんだけど)
圧倒的なものを見てそれを目指そうと思う瞬間、そこにあるのはただ「上を!」という清々しいやる気。
それが沸くだけ。
そうすると、小さなことは吹っ飛んで、本当に元気になる。

のです。



あぁ、スペシャルに素晴らしい二日間でした。


この度訪ねた心意気のお店達: (一部本山以外も)

 jazz茶房 青猫
 ラ・トゥール 
 カミヤベーカリー
 isolee
shima
  ・
  ・
  ・
  ・
 

     111203_1705~01

     111203_1706~01

 あまりに舞い上がっていて今回写真を一枚もとらなかった…さびしいのでちょっと前の写真から。
カミヤベーカリーさんで3日まで行われていた「チェコのピン展」。これも素晴らしく楽しかった。




未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/12/03 (Sat) BURNING MAN 2004

 ただいま
 足湯中。

 ティートゥリー・オレンジ・ジンジャーの精油をいれて。冬っぽい感じ。

 この前のお休みをゆっくり過ごして、静かな最近。
 昨日は長電話して楽しかったし、

 よし、今日は足湯だ、そして長風呂して早く寝るぞ。なんて思ってうれしくてワクワクするなんて、元気元気。


 


 お友達がfacebookに懐かしい写真をあげていました。(私手元に一枚もなかったの)

 「burning man 2004」とある。
 
 ネバダの砂漠に突然現れる10日間だけの夢の国。
 それはさながらピノッキオのおもちゃの国(それにしてもピノッキオのあのくだりは、子供ながらに魅惑的でひどく恐ろしかった)。

 砂漠の地平線に太陽が昇り、そして太陽が沈む。
そこには時間も何もなく、ただただ楽しいことがあちらこちらで行われているだけ。
(これは金銭を介さないお祭り。お互い持ってるものを交換し合って楽しむのです。遊びとか、食べ物とか、なんでもいいので。こんな大規模で何でもありな感じなのに意外と健全。)
私たちは広い広いその中を、朝となく夜となく、あっちこっち歩き回って、遊んだり眠ったりしながら10日間を過ごしました。

 踊ったり空を眺めたり、散水車に向かって走って行ったり、


 大人の遊園地でした。ってお友達は写真にコメントつけていたけれど、
本当に、あれは夢だったんじゃないかなって思えるくらい。

 私、小さいことにくよくよしたりして、最近縮こまっていたなぁと写真を見てしみじみ。
(まぁこれはちょっとはしゃぎ過ぎですが・・・)

 一緒に行ったのは伝説のパフォーマンスグループ、「花巻組」のメンバーなど。
彼女たち、その何だか衝撃的だったそのパフォーマンス同様、ぶっとんでるけどとっても品と節度があって大人で、のびのびしてて、ホントに楽しくって大好き。
 

 
 先日見たロードムービー「gate」もまさに、ネバダの砂漠を行脚するお坊さんのドキュメンタリーでしたが、
それを観ながらちらりとburning manを思い出したりして。お坊様がたごめんなさい。

 でもノーボーダーという意味ではこちらもきっと同じなのだ。


     315029_1610498638778_1725601522_842441_1912294778_n_convert_20111203231003.jpg
(10日間のためにこんな精巧な仏教建築のようなものも作られている)

     316541_1610490198567_1725601522_842425_965791067_n_convert_20111203222653.jpg
 (仮装大会?だかファッションコンテストだかがあると風のうわさで聞いて、バッチリ決めて乗りこんでいくところ。)
 
     ブログ用
 (その仮装のために眉毛をそり落としたので眉毛のないワタクシ。帰国後職場でしばらくビーバップと呼ばれていました…)

     373840_1610486358471_1725601522_842420_12372602_n_convert_20111203223022.jpg

     390688_1610493238643_1725601522_842430_806070358_n_convert_20111203231030.jpg
     
     375476_1610501678854_1725601522_842449_1759162490_n_convert_20111203223119.jpg

     374121_1610485238443_1725601522_842418_1749317934_n_convert_20111203223045.jpg

     387217_1610494718680_1725601522_842433_1016366532_n_convert_20111203223143.jpg








 

 

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。