--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/01 (Sat) 旧暦新年に寄せて 都知事選に思うこと

旧暦では本日がお正月

 新年あけましておめでとうございます。

 
 ここ数日、都知事選の状況にのめり込んでしまい、正確には都知事選を巡る人たちの様々な想いにのめり込み、
うまく説明のできないモヤモヤであったり物悲しい気持ちになってしまったり、
いったいこれはどうしてなのか、考えを巡らせ巡らせていました。

 過去に私が見てきたものやら、今現在の状況、未来、そして自分自身の思考の癖や、そんなものにまで考えが及び、もう頭がフラフラになり、なんだかお腹も痛くなり…、
今日は夕方から少し横になって休んでいました。

 そうこうしているうちにだんだんと見えてきたものがあり、
そうしたらばお店をどういう気持ちで、どういった場所にしたいと思って始めたのか、
初心の熱い思いが鮮烈によみがえり、

 なんだか、よい新年となりました。

 本来の暦だからこそ、こういった一度リセットするような不思議な流れが生まれたんでしょうね。
と思います。


blogを書くのは本当に久しぶりで、前回の投稿からいろいろいろいろ変化があり、説明してもしきれないので全部省くことにいたします。
ひと言だけ紹介すれば、
出産と結婚をしました。


都知事選のこと。


誰がどうとか、どう思うとか、政治的なことを発言するのはどうかなという思いもあったのですが、
ここ数日の頭をモヤモヤさせていた想いを言葉にまとめてしまわないと、なんだかいられないような気持になったのと、ネルソンマンデラ氏の下記の言葉にも心を動かされ、思うままに少し書いてみようと思います。


   人間として、何もせず、何も言わず、

   不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、

   また、自分たちにとってのよい社会、

   よい生活を追い求めずにいることは、

   不可能なのです。

      ~ネルソン・マンデラ~


 私は前回の都知事選の時から宇都宮さんに好感を持っていて、今回出馬してくれると知ってとてもうれしかった。

 私は今こそ宇都宮さんだ!という思いなのですが、考えの近い人たちの中には、宇都宮さんが好きだけれど今回ばかりは細川さんに票をまとめようという方が多いようで、なんだかみんなが新しいヒーローの登場に盛り上がってわわわ~と行ってしまい、ポツンと残されたようで、きっと寂しさを感じたのでしょう。

 自民党の暴走を止めるためにも票を取れそうな細川さんに票を集めるという方たちの気持ちはわかります。
自民党を制しなくては危ないというのは私も相当の危機感として感じています。

でも、でも、
細川さんの出馬がチャンスというのであれば、宇都宮さんという人が出馬してくれたことこそ、東京や日本の未来にとってこの上ない幸運なチャンスだと私は思うのです。

私は、サッカーはじめスポーツや、いわゆるゲームと呼ばれるものにはさっぱり興味がわかないどころか。戦略など頭を使わなくてはいけないものには途端に徒労感を覚えるタイプの人間です。
ですので、目的を達成するための作戦、といったものにはいまいち乗り気になれない。

単純に純粋に、訴えを聞いて、心に響いた人を応援したい。
戦況がどうだからとか、作戦がどうだというのは好みでないのです。
(まあ、だからこそ、社会的にうまく勝ち組に乗っているわけでもなく、常にマイノリティの側にいるわけなんですが…)


宇都宮さんの溌剌とした強さや、ピカピカとした笑顔は、私には小さくも強烈な光を放って見えます。


私は社会人になった時から10年間、東京と神奈川で過ごしました。
その10年は、いろいろな場所でいろいろなことをしていましたが、
ナースとして、
まさに社会の縮図のような場所、社会の狭間で身動きが取れなくなってしまっている人たちを見てきました。

ホームレスや中国人など、今の日本の低層の人たちのエリアの病院。
在宅では寝たきりになったことで決して快適といえない環境で暮らしている人たち。
そして都心の心療内科では、ひどい働き方をしたことや、人間関係でストレスを受けすぎて心を病んだ人たちが毎日溢れんばかりにやってきていました。
社会性をなくした人たちはコミュニケーションも難しく、嘘や言葉・態度の暴力、などなど、ドラマのような感謝やらなんだといった綺麗ごとばかりではない世界です。


強い人たちが思いのままに力をふるおうとするとき、余裕のない弱い人や持たない人は、生きていくためにそれを受け入れざるをえず、哀しい共生が都会ではどんどんと進んでいると感じていました。

原発も、ブラック企業も、医療も、なにもかもがこの共生の元にあり、
そこで苦しんでいる人のためにできる小さな援助をたくさんの人たちが仕事として尽力しているけれど、
行政こそがそれを解決することができる大きな力があり、
行政とはそのためにあるとさえいえると思います。

なので、いま、頭がよくタフで力のある人たちに囲まれて、強い日本をとか何とかいって、その人たちの唱える国造りに進んでいるけれど、
そんなの全くナンセンスで、
本来はそれを是正するためにこそ行政は動くべきなんだろうと思うのです。

東京という場所に、弱い人たちのために法律を制定させたりして大きな仕事をしてきた宇都宮さんが首長として名乗りを上げてくれていることを、本当にありがたく思って、一緒に実現していけたらどんなにいいかと私は思います。
繰り返し口にされる「希望の持てる東京に」希望、希望、なんていい言葉だろう。

育ちがよくて、わずかの首相時代を降りた後は悠遊趣味を生きてきた細川さんや、何をどう考えているのかいまいち通じ合えるように思えない小泉さんに、私たちの現状が届くのかな。
細川さんや小泉さんが首相だったころに何かが特別よかったような記憶が全然ない。
利権を手放したくない魑魅魍魎と戦っていくだけの気迫や動機や具体的な街づくりの展望があるのかな。

今回の選挙は、自民党や安倍政権といった政治の問題でもあるけれども、東京という一つの街の行政のリーダーを選ぶのだから、小さな問題にもこつこつと対処していけるような人を。そう、国の選挙とはまた違った視点からも選んでいくことで、小さなことから大きな流れを変える、ということができるチャンスなのだと思います。




と、私は東京都民ではないから遠くからそんな風に思っているわけなんですが…。




そして、20代に見てきた社会の隙間。
頭の中や人間関係や社会的立場や、あらゆるものがもうこじれまくって抜け出す道がないかのように思っている人たちに、医療の立場で話を聞くだけでなく、なにか手立てがあればと思って学び始めたアロマ。

そこから抜け出す力を得られる鍵は植物にあるのではと、あの時ぼんやり思ったことは、アロマを仕事にして6年で、やっぱり間違っていなかったと強く強く確信するに至っています。


私の仕事はここにある。
ここ名古屋で場所を構えることができたことは、きっと意味のあることだと思い、
訪れた人に力のある食べ物と、心を解きほぐす一杯のお茶と、
そして、しっかりと全身全霊で向き合っていくアロマトリートメントを通して、
ひとり、またひとり、と、小さな力になっていきたい。


子どもを持って、キラキラした瞳でニコニコと笑顔を向けてくれる息子を見ていると、
誰もがこうして生まれてきたのだから、
幸せじゃないなんて悲しいと、心からそう思うのです。

お店良くしていくためにどうしたらいいか考えてきたのだけれど、見栄えのいい何かを派手に打ち出していくのではなく、ひとりひとりにちゃんと届くように、助けになる場所であるように。
新年の新たな誓いを胸にして。


IMG_6668.jpg




いろいろ見ていて、思わず涙が出てしまった一本化に関するこのtweetまとめ、何度も何度も読み返しています。
みなさんにもぜひ読んでみてもらいたいです。
 
   http://togetter.com/li/619279


スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2012/05/07 (Mon) ご褒美いっぱいの休日

 もうすぐお休みで、港に行くんだ!と、ずっとずっと楽しみにしていて、
そしてその日がやってきました。

天気予報では、雨のち曇り。

雨の港もまたいいかもね。
なんて思っていたら、曇っていた空はお昼前から見る見る晴れて、
すごくすごく気持ちの良いお天気に。

とっておき、fujii+fushikino展で買ったばかりのワンピースを着てお出かけしました。


仕事もね、仕事と言っても楽しいことばかりなので、いいんだけど、
でも
仕事全く関係なしに誰かと一日出かけたりってことがここ最近全くなかったので、
本当にうれしい。

久しぶりの名古屋港。

     IMG_1438_convert_20120507222729.jpg


さっき朝ごはん食べたばっかりなのに、なんだか興奮しているせいかもうお腹ぺこぺこ。
このままじゃ港どころじゃないよ。

「焼きそば」の文字に吸い寄せられてふらふらとフードコートへ。

今日はね、もう食べたいもの片っ端から食べちゃうんだから。
なんて。

頼んだもの。

名古屋焼そば。なるもの(コーミソースが名古屋だけのものって初めて知った。)
パッタイ。
きしめん。
味噌串カツ。
(麺ばっかり・・・)

きしめんはその場で食べて、あとは抱えていそいそと港まで。

     IMG_1443_convert_20120507222809.jpg




青い空、青い海。
そしてぽっかりぽっかり浮かんだ雲!

たくさんの人が載った遊覧船が、出発してぐんぐん進んでいく。

海釣りしている親子。
風で乱れるへアースタイルを直しながらなんども写真を撮りなおしている可愛いカップル。

楽しいなぁ。気持ちがいいなぁ。

     IMG_1441_convert_20120507222748.jpg




帰り道。

港から戻る地下鉄の中で、
「バラの饗宴~バラに魅了された4人のロザリアンと切り絵作家の世界。~」
との広告を見つけ、
フラフラと名古屋高島屋へ。

     agneta20nagoya_01_convert_20120507223119.jpg


てっきり無料かと思ったら入場料がかかると分かり、ちょっと躊躇。
でもまぁ、はいろうか。
と、切符売り場に向かおうとした時、
「これ、使って」と通りすがりのおばさんが、招待券をくれました。

なんてなんて!幸運!
スゴイ!信じられない!
今日はご褒美だね。本当に。って、興奮興奮。

バラ展はとっても楽しかった。
まぁ、室内、しかもデパートということもあり、屋外のバラ園のようなわけにはいかないのだけれど、
バラのエキスパートが選ぶバラというものは、本当に美しいものばっかりでうっとりしっぱなしでした。


     IMG_1462_convert_20120507223024.jpg

     
     IMG_1447_convert_20120507222836.jpg


     IMG_1449_convert_20120507222904.jpg


     IMG_1451_convert_20120507222923.jpg


     IMG_1454_convert_20120507222941.jpg

      

    IMG_1457_convert_20120507223004.jpg







     IMG_1476.jpg




会場の外にはバラ苗がたくさん売っています。

私、こういうところに実は来たかったんです。

ちょっと前に、去年のバラ園の写真などふと見ていて、バラが急にすごく恋しくなっていたのです。
そして、バラの苗が欲しいなぁ、それもその辺のホームセンターとか園芸店のやつじゃなく、本格的に美しいやつを真剣に選びたいな、名古屋だったらどこに行ったらいいんだろうってネット調べたりしていたんです。

思いがけず叶っちゃった。

そして、
どの子がいいか何周も何周もして悩みに悩みに悩んだ末、
レディユーナというバラをプレゼントしてもらい、おうちに連れて帰ることに。

     

バラ展でも好きなバラに選ばれていた「ブル・ドゥ・パルファム」というバラと最後まで迷っていたんだけど、
このレディユーナは、
ポッと小さな明かりがともったような、幸せな感じのする花だったので。


     

枕元にこの小さな鉢を置いて寝たら、いい香りがずっとずっと漂っていて、本当に幸せ。

これから大切に育てていきたいと思っています。



本当に幸せな休日でした。



     IMG_1465_convert_20120507223047.jpg








未分類 | trackback(1) | comment(3) |


2012/04/30 (Mon) 風邪っぴき

一週間ほど風邪が治りません。

ずっといろいろ続いていて疲れがたまっていたのかな。

でも、直接の原因は完全に自業自得で、夜中にyahooのトップに出ていたAKB公開処刑という文字が気になって、公開処刑ってなんだろうと思って開けてみたら、どうやらAKBメンバーが抜擢されたイベントでプロのモデルさんと並んだりして、そのスタイルの差が際立ってしまっている、という意味らしい。
そして、それについていろんな人があぁだのこうだのコメントしているのを見つつ、
そこから違う記事に飛んだりして、くだらない時間を過ごしてしまっていたのです。
AKBもですが、紗栄子という人も随分な言われようをしているのだなぁ・・・など、見なきゃいいのに気になってどんどん読んでしまい、
そして、そのコメントの言葉に何だかこっちまで傷ついてしまいました。

同じ何かを発信する身として、
銭ゲバだの、自分のことしか考えていない、だの、自分に酔ってる、だの、
こんなふうに言われたらつらいなぁ・・・って。

そんなことをしていてすっかり遅くなってしまい、
ずいぶん前に用意したお風呂はすっかりぬるい。
入った瞬間「ぬるい・・・」と思ったのですが、追いだきもないので少しお湯を足しつつ、
「ぬるいなぁ・・・」とのんきに思いながら毎度のことですがお風呂でうとうとしてしまった、

これがことの発端です。
情けない。



ずっと痰がらみと咳が続いていて、いい加減に胸が痛い。

そして、体力がないせいでちょっと何かするとすぐに疲れてしまう。

朝、その日の予定をイメージして、とてもこなせる自信がない…と、毎日よっぽど休もうかと葛藤しているのですが、ギリギリで思いなおして何とかやってきています。


もし休めるチャンスがあったらお店休んでがっつりなおしたいと思っていたのに、
なにかと外せない予定がチョコチョコあったので、そのチャンスがないままGWに突入。
何だか焦って悲しくなって、
お休みに入る人たちのワクワクした様子(に見える)に、
元気なのに連休なんてズルイ!と、
完全に的外れなやつあたりをするどうしようもない状態。

毎日最低限のことを集中して、
やれるかなと不安ながら何とか一つづつ終わらせていっていることを、
ホッとすると同時に、元気であれば感じないような達成感も感じていて、

本当に元気って大切ですね。


この連休中は、ちょうどいいくらいの忙しさで、大混乱することもなく、神様に感謝です。

5月の3日にはおやすみが来て、港に行ったりあんかけスパを食べたり、犬山の大好きなビストロに行ったりしようと思っていて、それをとっても楽しみにしています。


「フリーって毎日が夏休みみたいなイメージだったけど、実際は毎日が夏休み最後の日みたいな感じ」って、誰かがtwiiterでつぶやいていて、まさにまさにと膝を打ったのですが、
時間もお金もすべてがフリーってことは、
その時その時でキチンと自分で状況を判断して、何を優先するのかを決めていかないといけないなって。
私にはなかなか簡単なことではないですが、
そうしていかないと健康も、金銭面も、人づきあいも、
歯止めなく恐ろしいことに陥ったりする可能性があるということをしっかりと頭に置いて。

これからの課題です。



     IMG_1275_convert_20120430005226.jpg


     IMG_1385_convert_20120430005252.jpg










未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2012/04/17 (Tue) 心にしみるもの

 ちゃんと優しい思いを過不足なく、丁寧に乗せた言葉を届けるようでいたいと思う。

コミュニケーションにはいろんなやり方があるけれど。


底に流れているのがたとえ愛情だったとしても、
私は、もう、その時その時、気持ちの良い温かい言葉を贈り合う、そんなふうでいたいと思う。



 他人と接して気づくこと。
私は不用意に投げられた言葉のいろいろを、いちいち受け止めて、
そして、
傷ついていたんだと。


 「ほんとに可愛げがないね」と、なんども投げつけられて、私は可愛げのない人間なんだとすっかり思いこんでいた。
けれど、きのう、「可愛いところがある」と不意に言われて、本当に本当に、驚いた。
心の奥にある石がカタンと溶けた気がした。

あの人は、私の石をいつも優しく溶かしてくれるのです。



 
 それから、以前自分の中が整わなくて、ずいぶんと傷つけたかもしれないと思っていたお友達と、久しぶりの再会。
本当はちょっと緊張していたのです。
そうしたら、私は本当にうれしくて、
そして、彼女は変わらず温かかった。

さりげなく入れてくれたハーブティとちいさなおやつ。

     IMG_1271_convert_20120417012729.jpg





 久しぶりのお客さん。
久しぶりだったのは時間だけで、きっとずっと彼女の中ではこの場所は近くにあったのだと、
あってすぐに分かったのです。

そして今日。
来るかなと思っていた時間から少し遅れていて、どうしたかなと思い始めた頃、
バラを一輪携えて、扉を開けました。

うっとりする香り。

甘く、そして最後はさわやかで、いつまでもいつまでも香っていたくなる。


今夜は枕元に置いて寝ようと思う。

怖い夢を見ないように。

     IMG_1266_convert_20120417012551.jpg




それぞれの
寄せてくれた
小さな優しさにありがとう。

心から。
 





未分類 | trackback(0) | comment(1) |


2012/04/12 (Thu) やっぱり載せよう

全然更新してなかったなぁ。

3月末に書いた文章。やっぱり嫌になってあげなかったんだけど、やっぱり載せよう。
そんなに悪くもないと思う。

そして、改めて、こちらも少しづつ綴っていこうと思います。

自分のために。





3/27の日記。


 最近本当に忙しくって、
アンブログどころか、お店のブログがギリギリ更新、というか、パソコンに向かう時間もなかった…。
一日中予想を超える人出にてんやわんや。
いろいろ焦りまくってやることやって気づけば0時過ぎ…みたいな。

1日までノンストップです。

でも、がんばるぞ。

なにより、たくさんの幸せが一日のうちにたくさんあるから、身体は疲れ果てていても、幸せで濃い日々です。


まず、ユカリ展が素晴らしいこと。

そして、彼女と彼女の作品がたくさんの人に愛されている様子を一緒にみられるのはうれしい。

そしてそして、ステキなモノ作りさんやその周辺の方と知り合えたり、久しぶりにお会いできたりして。



働くってどんなことなんだろう。

「お母さん業は、24時間365日休みなしなんだから」なんてのを聞いて、ひえ~私にはとても無理だ…と
足がすくんでいた私なわけですが、

(私は両親ともに、常にシャキシャキ動いていて、だらけたりしてるところを見たことがなかったので、
親になる=もう絶対に「ちょっとごろっとしよう」とかできない生活になるんだ。という変なイメージがあり、その覚悟は相当の気合がいるというか。)

でも気づけば今の私は、毎日毎日、ごはん食べたり寝てる以外はほとんどずっと仕事してる。
あれ?一緒?と思ってみたり。(もっと大変だ、一緒にするなといわれるかもですが…)
でも、私が楽しい楽しいでずっとどんどんやっちゃってるのと一緒で、子育てだって大変なばっかりじゃないんでしょう。きっと。



以前、銀色夏生さんが、「詩人になりたいんだけどどうしたらいいですか」という若い読者の質問に答えていて、
「どんなことでも、仕事になるということは、求められているかどうかです」とかなんとか答えていたのがとっても印象的でずっと覚えています。

私は若いころ、自己表現で食べていけたらなって思って、ガラスをせっせとやっていたのですが、いざ作品を販売するという時点で、この自己排泄のようなものでお金をいただいて食べていくのがいいのかどうか分からなくなってしまいました。
その前にやっていたナースのお仕事は、確実に必要とされることに手を貸して、それでお金をいただく。という。それからしたら、あまりにもな気がして。

仕事というからには、自分がこうしたいじゃなく、必要から生まれることに汗を流してその代償をいただくものなんじゃないか。とか。あれこれ考えて過ぎて、お金をいただくことが苦しくなって、
ナースの仕事をしている方が、お金をいただくことということについて堂々としていられたので、
その二つを行ったり来たりしていたような20代でした。


でも今、自分のお店というものをもってみて、
その二つの融合した地点。
仕事というものの意味が何となく見えてきたような気がします。

銀色夏生さんの言っていたことの意味も。


とにかく、興味の赴くままに身につけた様々。
それをもって、「私はこれができます」と提示する。
それを踏まえて、人や社会が私に求めること。
これがよかったとか、こういうことをしてほしいとか、これをいっしょにやろうとか、
その様々にコツコツと応えていく。

これが仕事ということじゃないかと最近思うのです。
それは、お金を生む仕事であったりなかったり。



あ、もう一つ。
関わった人みんなが、幸せな気持ちというのはもちろんのこと、ちゃんとお金という形で報酬を得られるように頑張りたい。と思っています。
その人の技に人間性に敬意をもっているならば、その人が生きていけて、その技を継続していけるように。
ちゃんとお金を生む仕事にするということは大切なことだと思うのです。
最近とってもその事を思う。

ボランティアという言葉は美しくって、
本当にちょっと何も口をはさめないくらいに美しい言葉になっちゃっているけれど、

私は、遠くにいる人や畑違いにいる人を助けるには、お金といういいツールがあるじゃないかって。


お金は労働や物の交換を便利にしたただの物体なのだから、毛嫌いすることはなく、
すべての仕事はボランティアにイメージされるような愛と力の貸しあいとなりうるし、
ただそこに便利なお金というツールが介在しているだけで。


この社会で生きていくには最低限のおかねはどうしたって必要なのだから、
今自分がやることをがんばって、例えば消費だったり、税金だったり、
特別なことをやらなくても社会はそういうところに回していくためにあるのだから。
(政治や悪い企業がどうとかそういうことは置いといて、原則的に。)
ちゃんとお金を回していけるようになりたい。

いいよいいよ、助けあいだよ、というのももちろんだけど、助けてくれた相手がその提供してくれた分、生きていけるように。

なんて、まだ全然そうはなれていません。

でも、がんばろうと思います。



春先は別れの季節。
よくしてくれたお客さんが何人も、遠くに引っ越すことになったと挨拶に来てくれました。
本当にさみしい。

扉を閉めるときに、「棘、フォーエヴァー!」
と言って去っていった(笑)Sさん。
こちらこそどれだけ救われたかです。

棘が長く続くように、ちゃんと頑張りたいです。








 

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

アンネリダ 

Author:アンネリダ 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。